現役実家暮らしが語る貯金事情と目標金額について

貯金 暮らし

こどおじです

僕は現在実家暮らしをしながら社会人をしています。

人によっては実家暮らしと聞くと世間的にイメージが悪いかもしれませんが、実際に感じているメリットも多くあり、その中の一つにお金関係があります。

たとえば一人暮らしと実家ぐらしではまず一ヶ月の中で自由に使える金額が違います。

月の費用について

一人暮らしの場合

基本的に家を借りて一人暮らしをしていると以下のような費用が発生します。

・家賃

・光熱費

・電気代

・水道代

・食費

・交際費

・趣味、自己投資

・サービス利用料(サブスク)

平均的な2、30代社会人を想定して、一人暮らしの場合これらの費用を総計すると15万円以上かかってしまうことも多いと思います。

さらにソシャゲ課金とか、交際費とかに使い込みすぎて貯金がないという話もよく聞きます。

一人暮らしは自由に生活できるのが最大のメリットですが、給与などが満足にもらえていない状態だと結構資金面のやりくりなどに苦労することも多いですよね。

実家ぐらしの場合

基本的に一人暮らしと比べて実家暮らしは家賃を払う必要もなく、食費や光熱費・生活費なども基本的に払わなくて良いはかなり良いので基本的にかかってくるのは

・交際費

・趣味、自己投資費

・サービス料金

ぐらいです。

交際費や趣味費なども極限まで減らこともできるので、ほとんど給料をそのまま自由に使っていくことができます。

生活費などは実際に家に入れるという形でやっている人も多いと思いますが、それでも資金面には結構余裕があると思います。

貯金事情について

貯金の相場

そこで気になってくるのは実家ぐらしの実際の貯金事情で、ここでは一人暮らし・実家暮らしの割合が高い20代を例にして紹介します。

例えば20社会人の平均貯金額は5〜10万ぐらいで、年間に換算するとボーナス含めても約50〜100万円貯金しているという計算になります。

saving average

20代貯金額の平均。引用:https://www.rakuten-bank.co.jp/

一人暮らしの場合は諸々の費用で10万ぐらいかかってしまうので、実家ぐらしの場合は単純に一人暮らしの人よりもそれだけ多く貯金できるということになります。

なので実家ぐらしの場合だったら平均額の間を取って7万円は月々貯金することを目標にするのが一番現実的かな思います。

貯金目標を達成するために

しかし現に実家暮らしをしていても、なかなか貯金ができない・・・という人も多いはずです。

僕自信も実際に浪費癖などがあって気づいたら残高が全然ないなんてことも普通にありました。

実は貯金を増やすための方法は簡単でシンプルに

・支出を減らす

・収入を増やす

ことです。

簡単に書きましたが実際はそう簡単ではありませんよね・・・笑

支出を減らす

具体的に説明すると支出を減らすのだったら実家ぐらしの場合は生活費はほぼかからないので

・交際費

・趣味費

・サービス料金

に注目します。

これら金額を見直すことで、支出額を減らすことができ貯金できる額も増えます。

たとえば交際費の場合だったら不要な飲み会などには参加しなかったり、高いお店などに行かなければ十分節約することができます。

趣味費は生きる上の楽しみでも有るので無理に減らさなくても良いとは思いますが、ゲームなどに移譲に課金していしまっている場合などは一度見直したほうがいいかもしれません。

僕自信もゲームが好きでかなり時間とお金を注いてきましたが、いざやらなくなった後だと若干公開なども有るので課金するとしても必要最低限、もしくは毎月決まった学を設定しておくと良いでしょう。

最後はサービス料金です。

最近ではNetflixやAmazon Primeなど月額制でサービスを提供するいわゆる「サブスクリプション型」のものも増えてきました。

僕もAmazon PrimeやNetflixなど加入していますが、これらもあまりつかっていない時期に登録しているのはちょっともったいないかなと感じています。

実際に対応する作品のためかNetflixとFuluどっちも登録しているとか、あまり時間がなくて月1本も見れていないというときは見直して解約するのも良いかもしれません。

これらのサービスは解約してもまた再登録ができるので、また見たくなってきたときやまとまった時間などができた時にまた登録すると良いでしょう。

これらの支出の料金を見直すだけでも月1万円〜ぐらいは浮いてくるのではないかと思います。

支出の見直しは次に説明する収入を上げることよりも難易度は低いのでまずはこちらからチャンレンジしてみてください。

収入を増やす

一般の会社員で収入を増やすのって結構限られていますよね。

歩合制やインセンティブなどを除いて、普通に収入を上げるためには昇進するなどしか方法がなく、時間もかかるしなかなか難しいですよね。

しかしそれ以外にも収入を増やす方法が2つあります。

①転職する

一般的に転職をすると収入は高くなっていくと言われています。

さらなるキャリアアップを目指したかったり、今の会社で吸収できるところがないとかやめいたいと感じている人はこれを気に転職することによって給与アップを期待することができます。

また転職することによって働く環境が変わり今までよりも自由な時間などが増える可能性もあります。

なので今の給料では貯金が難しかったり、環境がよくないと感じているのなら一度検討してみると良いでしょう。

②副業をする

最近ではインターネットでもできる仕事などが増えてきたため、実際に休日はパソコンを使って副業する人なども出てきました。

有名なところで言えば

・ブログ

・動画投稿

・クラウドソーシング

などです。

これらは始める際にも費用はそんないかからないですし、割と簡単に始めることができます。

僕も実際に平日は会社員として働いていますが、会社終わりや休日の時間を使ってブログを運営したり、動画を編集したりしています。

これらは今伸びている業界であり、上手くいった場合だと思わぬ収入などを得ることが期待できます。

なのでもともとサラリーマンだった人などが副業を初めて軌道に乗ったから独立したりフリーランスに転身したという人も多く見かけますよね。

噂で聞くよりは簡単な世界ではないと思いますが、真面目にやっていけば結果が出てくるものだとやっていても実感しています。

使うことも重要

ここまでは貯金をする方法をメインに紹介しましたが、お金を使うということも非常に重要です。

なぜならお金を使うことによって時間を節約したり、さらにお金を生むために必要になってくるからです。

たとえばゲームの課金や飲み会にあまりお金をかけるのはあまり良くはないと言いましたが、もちろん使うべきところもあります。それが

・自己投資

・投資

・運営

です。

自己投資とはその名の通り自分に通しすることで、知識を得るために本に投資したり、自分の価値観を広げるために海外に行くなどがこれに当たります。

それに対して投資はその名の通り株式や外国債などで自分の資産を運用するという方法です。日本の(特にメガバンク)預けていてもほとんど金利はないです。

そのため株式やその他金融商品で資産を保有することで利益なども得ることが期待できます。しかし投資の場合は資産が減ってししまうリスクもあるので注意しましょう。

最後が運営で、実際に手元に有るお金で自分でなにか小さなビジネスを初めて見るというのも良い経験になると思います。

たとえばブログを運営するにしてもサーバーなどと契約したり費用が発生するので、実際にそういったものにお金をかけて、自分の力で収益を得るという感覚を得るのも大事だと思います。

特に実家ぐらしの場合は生活費がかからないため使えるお金も余裕が有るために、余裕分をこういったことに投資することによって一歩リードすることができますね。

貯金は最低限でい良い

今回は実家ぐらしの貯金事情を紹介しましたが、貯金も大事ですが今後の貯金額を増やすために現在投資するという考えも重要です。

なので貯金額はだいたい同じ難題の平均金額(全体の30%)位を目安に、あとは自分の為に使うというのが最も賢い使い方だと思います。

実家ぐらしは一人暮らしと比べて自由に使える金額に余裕が有るので、ぜひこれらのメリットを活かしてたくさん貯金できるようになりましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました