ガチ恋限界声優オタクが年末の結婚ラッシュで完全に目が覚めた話

idol 雑談

こどおじです。

ぼくは小学生ぐらいの頃からアニメが好きで、それから闇の中学生時代に深夜アニメにハマっていきました。

はじめはアニメーションだけに熱中していても、だんだんこのキャラクターはどんな人が声を当てているんだろう?というところから声を当てている声優さんにも興味を持つようになりました。

調べてみると違うアニメの異なるキャラでも、同じ声優さんが声を当てているのに感動したりしたのを覚えています。

それからニコニコ動画で声優さんの生放送とか動画を見たり、ラジオなどを聞くようになっていきました。

声優ファンから声豚になった男

大学生ぐらいになると本来裏方である声優でも容姿が良い人が増えてきて表に出てライブやアイドル活動などをする人が増えてきました(所謂アイドル声優)

僕も最初はキャラクターから声優さんに興味を持ち始めていたはずなのに、容姿などから入ってこの声優さんはどんなアニメに出演しているのだろうという方向にシフトしていきました。

最近では年齢層も若くて自分と同じぐらいの年代の声優さんも多いので、ラジオなどを聞いていて勝手に親近感を覚えていたりしました。

また声優業界では非リア充営業をする傾向があって、多分メインのターゲット層のオタクに話を合わせてくれているのかリアルでは恋人などもいないアピールを散見します。

例にもれず僕もダークライフを送っていたので、彼らも自分と同じような生活をしているのだと安心していました。

声優結婚ラッシュが起きる

2019年の年末に声優オタ界隈を賑わす出来事が起こります。

それが年末の声優結婚ラッシュです。

今回のラッシュでは11月から翌年1月にかけて何組のものカップルが無事ゴールインしました。

実際に結婚した声優陣

・立花理香さん

・洲崎綾さん

・佳村はるかさん

・沼倉愛美さん

・山本希望さん など

正直なところ最近はは忙しいということもあって、アニメも全然追うことができておらず、発表のあった声優さんのなかでも存じ上げない人もいました。

しかし僕が実際昔から知っていたような人が、いよいよ結婚するということで嬉しい気持ち半分、なんだかんだ結婚しないだろ〜とか考えていたので寂しい気持ちも感じていたのも事実です。

オタクの反応に驚く

今回の結婚ラッシュでひとつ驚いたことがもあり、それはオタクたちがすごい紳士的になっていたということでした。

僕が知っていたオタクは結婚発表などがあったら発狂して、病み始めたり悪口を言い出したりする記憶がありました。

実際に阿澄佳奈さんが結婚したときも、洗剤飲んで子供として転生するとか言い出す人もいたし祝福というよりかは穏やかじゃない空気が流れていました。

それに対して今回の結婚ラッシュでは全体的にリプライなどでも祝福コメントが多く、オタクの民度も短い間でかなり向上していると感じました。確かに嫌がらせなど過激な人も見受けられたのでこれは良い流れだと思います。

僕も一時期よりかは時間も立って熱も冷めた状態なので素直に祝福する気持ちがあったものの、年齢的に周りが結婚し始めている時期でもあったし、勝手に同類だと思っていた声優さんたちの結婚ラッシュでかなり焦りを感じました笑い。

声優は同類じゃない

これは当たり前の話ですが、どんなに非リア充アピールをしていても彼らは同類ではありません。僕はそれに普通に気づかないで熱中していました。

今回の件ではもうひとつ驚いたことがあって、それは結婚相手も大物になってきたということです。現に年末の結婚ラッシュのうち二組は現役のプロ野球選手と結婚しています。ほかはほとんど同業関連とかですね。

野球選手の結婚相手といえば女子アナウンサーか女優みたいにいわれていた時代もありましたがそこに声優も入り込む勢いです。

昔は声優というと薄給というイメージがありましたが、最近ではライブなど活躍の場も増えセレブリティな人も見るようになりました。

ガチ恋勢の仲間の中には、冗談なのかガチで結婚するといきこむ人もいましたが冷静に声優と結婚するためには野球選手レベルになる必要が判明しました。

ちなみに野球人口でプロになれる確率は1%以下です。どんな業界にいてもそこの1%以上に入らないと希望はほぼないでしょう。つまりそういうことです<丶´Д`>

ようやく我に返る

そんな一連の流れで、僕もようやく完全に正気を取り戻せた気がします。

アニメ界隈からは少し離れていましたが、それでも声優さんとかずっと変わらないものと思っていました。まあ現実的にそんなことはありませんね。

勝手に信じ込むからこそ、結婚などがあった場合に裏切られたと感じてしまう人も現れてしまうのもあると思います。

まあオタクに同情を誘うと後で面倒くさいことも多いと思うので、いっそ振り切ってラジオとかで恋人との話とかしてくれても面白いのかなと思いますw

こう書くとオタク卒業したように思われるかもしれませんが、今でもアニメは好きですし声優さんも好きです。

なので正しく言えばガチ恋限界オタクの声豚から、本来の姿である声優ファンに戻ったいうのが正しいかもしれません。

現実を生きよう

多分これからも昔自分が応援していたような声優さんたちも続々と結婚していくし、あなたが今目をつけている新人声優もいずれ結婚するでしょう。

応援する気持ちも重要ですが、声優も結婚しないから大丈夫だとか思っていると気づいたら自分だけが取り残されていななんてことも起きるかもしれません。

もちろん大半の人はそうでないことは知っていますが、もし自分と同じように熱中しすぎている人がいるのなら一度現実にも少し目を向けていくと変わっていくと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました